リトアニア大統領、ウクライナに対しベラルーシの原発から電力を購入しないよう呼びかけ

リトアニア大統領、ウクライナに対しベラルーシの原発から電力を購入しないよう呼びかけ

写真
ウクルインフォルム
ウクライナを訪問しているナウセーダ・リトアニア大統領は、ベラルーシの原子力発電所から電力を購入しないよう要請した。

ナウセーダ大統領がウクライナ最高会議での演説の際に発言した。ウクルインフォルムの記者が伝えた。

ナウセーダ大統領は、2020年にリトアニアがベラルーシの原発から電力を買わない決定を行なったことを喚起し、「(ウクライナの)政権と人々に、私たちを支持し、(ベラルーシの)アストラヴェツ(オストロヴェツ)(原発)で作られる電力を購入しないで欲しいと思っている」と発言した。

なお、ナウセーダ大統領は、ウクライナ語にて演説を行なった。

これに先立ち、ベラルーシのアレクサンドル・ルカシェンコ氏は、2020年11月7日、ベラルーシ最初の原子力発電所の開設を正式に発表した。フロドナ州の同原子力発電所は、2011年から、ロシアの借款にてロシアのプロジェクトとして、リトアニアとの国境から22キロ地点にて建設されたもの。

同原子力発電所は、リトアニア首都ヴィルニュスから約50キロしか離れていない地点に建設されたため、同国政府は当初から激しく反対を表明していた。2020年9月、バルト諸国は、同発電所が開設された場合にベラルーシの電力の購入を止めることで合意していた。

これに対して、ベラルーシ政権は、アストラヴェツ原子力発電所は、完全に安全で、国際基準に従っていると主張している。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2021 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-