米国、ウクライナの大富豪コロモイシキー氏に制裁発動

米国、ウクライナの大富豪コロモイシキー氏に制裁発動

ウクルインフォルム
米国は、著しい汚職への関与を根拠に、ウクライナの大富豪(オリガルヒ)であり、元ドニプロペトロウシク州行政府長官のイーホル・コロモイシキー氏に対して制裁を発動した。

5日、国務省がアントニー・ブリンケン国務長官の声明を発表した

ブリンケン国務長官は、「今日、私は、ウクライナのオリガルヒであり、元政権幹部であるイーホル・コロモイシキー氏を、彼の重大な汚職への関与を根拠に公的指定(編集注:制裁リスト入り)したことを発表する。コロモイシキー氏は、2014年から2015年にかけて、ウクライナのドニプロペトロウシク州行政府長官職を務めていた時、自らの個人的利益のための政治影響力と政治権力行使を含む、法の支配とウクライナ市民社会の民主機構と統治プロセスを弱体化させる汚職活動に参加していた」と発言した。

長官は、今回の制裁リスト入りはコロモイシキー氏の同職勤務時の行動にもとづいたものだが、「私は、コロモイシキー氏による、ウクライナの未来にとって深刻な脅威をもたらしている現在と進行中のウクライナの民主的プロセスと機構の弱体化努力についても懸念を表明したい」と発言した。

長官はまた、今回の決定は、2020年国務省・外国オペレーション・関連プログラム資金拠出法の第7031(c)条にしたがって採択されたと指摘した。

さらに長官は、「イーホル・コロモイシキー氏に加えて、私は、イーホル・コロモイシキー氏の直接の家族構成員である、妻イリーナ・コロモイシカ氏、娘アンヘリカ・コロモイシカ、息子イスラエル・ツヴィ・コロモイシキー氏も公的指定する。この行為は、イーホル・コロモイシキー氏と彼の直接の家族構成員の米国入国を不可能とするものだ」と説明した。

長官は、この度の決定は、ウクライナの欧州大西洋方針にとって重要な政治、経済、司法分野改革への米国の支持を再確認するものだと述べ、さらに「米国は、改革を前に進める仕事をしている全てのウクライナ人を支持し続ける。国務省は、地域と世界の汚職人物の責任追求促進のため、このような権限を今後も行使し続ける」と発言した。

また、在ウクライナ米大使館は、ソーシャルメディアにて、今回の発表をコロモイシキー氏の写真などを使って紹介している。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2021 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-