スロバキア首相、ウクライナに関する冗談を謝罪

スロバキア首相、ウクライナに関する冗談を謝罪

ウクルインフォルム
イゴル・マトヴィチ・スロバキア首相は、ロシアに対してコロナワクチンの代わりにウクライナのザカルパッチャ州を差し出すと述べた自らの冗談につき、ウクライナに対して謝罪した。

マトヴィチ首相がツイッター・アカウントに書き込んだ

マトヴィチ首相は、「スロバキアのウクライナ領土一体性に関する立場は、常に非常に明確だ。国際法は必ず尊重されねばならない。ウクライナ国民皆に対し、彼らの努力を弱らせかねない私の不適切な反応につき、謝罪する。スロバキアはウクライナの友人である」と書き込んだ。

また、同日、クレーバ外相は、記者団に対して、本件についてコメントした。ウクルインフォルムの記者が伝えた。

クレーバ外相は、「もしスロバキアがその言葉につきすぐに謝罪しなければ、私たちは、さらに行動していたのであろう。なぜなら、そのような行動を許すことはできないからだ。しかし、スロバキアの同僚にとっても、その発言はショックだったようであり、そのためすぐに国を代表して外相が謝罪をしたし、今朝には、スロバキア首相も公に謝罪した」と発言した。

外相は、自身は、スロバキア含め隣国との最大限の友好的・建設的関係を支持していると強調した。

同時に外相は、「しかし、誰であれ、ウクライナを傷つけるような言葉を述べたり、ほのめかしたり、領土一体性に疑問を投げかけたり、ウクライナの運命がウクライナのいないところで決められるかのような振舞いをしたりする権利は有していない。その点に関しては、スロバキアの同僚への友情を踏まえた上でも、類似の言動に対しては、単に厳しくあたるどころではなく、極めて厳格に対応することになる」と発言した。

これに先立ち、スロバキアのマトヴィチ首相は、ラジオ・エクスプレスに出演した際、ロシアとの間でコロナワクチン供与の協議の文脈で、記者からワクチン供与の代わりに何を約束したのか、と問われた際、「ウクライナのザカルパッチャだ」と冗談を述べたことが報じられていた。マトヴィチ首相は、冗談であると述べたものの、これに対して、ウクライナ外務省は、スロバキアに対して謝罪を求める公式コメントを発出していた。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2021 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-