【MH17撃墜事件】オランダ議会、ウクライナによる上空非完全封鎖についての追加分析報告書公開

【MH17撃墜事件】オランダ議会、ウクライナによる上空非完全封鎖についての追加分析報告書公開

ウクルインフォルム
オランダ議会は、ウクライナが2014年7月のマレーシア航空機撃墜事件の際に同国東部上空を完全に封鎖していなかったことに関する追加分析の結果を掲載した報告書を公開した。

ウクルインフォルムのハーグ特派員が伝えた。

「フライト・セーフティー基金」による同報告書には、ウクライナ東部にて民間機飛行に対する安全への脅威があることをウクライナの関連国家機関が知っていた、あるいは知っていたことかもしれないことを示す事実は存在しないと指摘されている。

その上で、オランダ政府にはこれまでの立場を見直す根拠がない、つまり、国際法に従って航空機に対する上空の完全封鎖が行われていなかったことの責任をウクライナに負わせるための決定的法的証拠がないことになる。

これに先立ち、2019年10月8日、オランダ議会は、2014年のマレーシア航空機MH17撃墜事件につき、事件当時ウクライナが東部上空を一般旅客機のために閉鎖していなかったことにつき、追加捜査する案を支持していた


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2021 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-