中国シノバック製ワクチンの3、4週間後受け取りに期待=シュミハリ首相

中国シノバック製ワクチンの3、4週間後受け取りに期待=シュミハリ首相

ウクルインフォルム
ウクライナは、中国の科興控股生物技術(シノバック・バイオテック)製コロナワクチンの初回分(70万回分)を3、4週間以内に受け取れることを期待している。

26日、デニス・シュミハリ首相が最高会議議場にて発言した。ウクルインフォルムの記者が伝えた。

シュミハリ首相は、「12月30日、ウクライナは、シノバック・バイオテック社との間でワクチン購入契約を結んだ。(中略)先週、治験の行われていたブラジルにてそのワクチンの利用が認められた。私たちは、およそ3週間、遅くても4週間後には、最初の70万回分の同社ワクチンを受け取れることを期待している」と発言した。

首相はまた、コロナワクチンの世界各国で購入・分配する枠組みCOVAXから、ウクライナは年内に800万から1600万のワクチンの供給を受けることを期待していると述べ、「2月1日までにCOVAXが最初の分配に(編集注:ウクライナを)加える決定を下すことを期待している。肯定的な結果が得られた場合は、私たちは、2月中に20万のファイザー・ビオンテック社ワクチンを受け取れる」と発言した。

首相は、ウクライナがCOVAXの枠組みで受け取れる可能性が大きいワクチンは、ファイザー社、アストラゼネカ社、ノヴァヴァックス社、サノフィ社のワクチンだと発言した。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2021 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-