サンドゥ次期モルドバ大統領「モルドバを孤立から抜け出させ、ウクライナとの凍った関係を溶かす」

サンドゥ次期モルドバ大統領「モルドバを孤立から抜け出させ、ウクライナとの凍った関係を溶かす」

ウクルインフォルム
モルドバ大統領選挙にて当選したマイア・サンドゥ次期大統領は18日、ウクライナとの二国関係を再活性化することへの意欲を示した。

サンドゥ氏がシェウチェンコ駐モルドバ・ウクライナ大使との会談時に発言した。サンドゥ氏所属の行動連帯党がフェイスブック・アカウントにて伝えた

発表によれば、サンドゥ氏は、ゼレンシキー・ウクライナ大統領の祝辞に謝意を示した。同氏とシェウチェンコ大使は、モルドバの現状とウクライナ・モルドバ間の緊密な協力が必要だと指摘した。

サンドゥ氏はまた、ウクライナとモルドバの戦略的パートナーシップ関係の発展が重要だと強調した。

同氏は、「私たちには、多くの共通の問題があり、また今後ともに実現することのできる多くの可能性もある。私たちは、モルドバを孤立から脱出させなければならないし、ウクライナとの二国間関係を速やかに解凍しなければならない。また私たちは、欧州統合プロセスの文脈における活動連携について議論した」と伝えた。

サンドゥ氏は、モルドバとウクライナは、多くの議題を抱えており、これらは近々再開されると指摘した。

これに先立ち、モルドバでは、15日に実施された大統領選挙決選投票の結果、親欧州候補として知られるサンドゥ候補が57.75%得票し、次期大統領就任を確実なものとしている。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2020 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-