ブダペスト覚書についての国民の意見は「非常に重要」=ゼレンシキー大統領

ブダペスト覚書についての国民の意見は「非常に重要」=ゼレンシキー大統領

ウクルインフォルム
ゼレンシキー大統領は、25日の地方選挙と並行して行われる世論調査にて、ブダペスト覚書の保証にかにて国民の意見を聞くことは非常に重要だと発言した。ブダペスト覚書とは、1994年12月5日、ブダペストにおいて、ウクライナ、アメリカ、ロシア、イギリスが署名したウクライナの安全の保証に関する覚書の通称。

22日、ゼレンシキー大統領が国内テレビ4局へのインタビュー「2020年秋 勝利と挑戦」の際に発言した。ウクルインフォルムの記者が伝えた。

記者が25日の全国世論調査におけるブダペスト覚書について質問すると、大統領は、「私には、その考えが非常に重要だ。私が今後何をするかは、あなた方に言わない。なぜなら、私が行なっているのは包括的作業だからだ」と答えた。

大統領は、現在、ウクライナを「自立し、防衛能力のある国家」に生まれ変わらせるための作業を行なっていると発言した。

大統領は、「そのため、海軍基地が現れるのは偶然ではないし、私が、残念ながらこれまでウクライナ国家に存在しなかった戦略的合意文書に署名しているのも偶然ではない。私は、英国とトルコと署名しているし、更に複数の国と署名をしたいと思っている」と発言した。

同時に大統領は、戦略全体を話すことはできないと強調した。大統領は、「私は、ウクライナは欧州において非常に強力であるべきだと思っている。私は、ウクライナ艦隊は非常に強固であるべきだと思っている。それがその戦略の一部だ」と発言した。

また大統領は、署名された覚書や合意は全て履行されなければならないと発言した。

なお、これに先立ち、ゼレンシキー大統領は13日、10月25日の地方選挙投票日に5つの重要な質問を投票所で行うと発表していた。質問は以下の5つ。

・特大規模の汚職で終身刑を適用すべきか否か。

・あなたは、ドンバスに自由経済圏を作ることを支持するか。

・最高会議(国会)の議員数は300まで減らすべきか?

・ウクライナにて、重病者の痛み軽減のために医療用大麻を合法化することを支持するか?

・ウクライナは、国際レベルでブダペスト覚書が定めている安全の保証を利用する問題を提起すべきか?

写真:大統領府


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2020 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-