【宇EU首脳会談】首脳会談はEUとウクライナの関係深化の明確なシグナル=欧州理事会議長

【宇EU首脳会談】首脳会談はEUとウクライナの関係深化の明確なシグナル=欧州理事会議長

ウクルインフォルム
シャルル・ミシェル欧州理事会議長は、6日にブリュッセルで開催されたウクライナEU首脳会談につき、同開催はEUによるウクライナとの関係深化のシグナルであると発言した。

ミシェル欧州理事会議長がゼレンシキー大統領とボレル欧州上級代表との共同記者会見時に発言した。ウクルインフォルムの特派員が伝えた。

ミシェル議長は、「COVID-19は、私たちに、関係とパートナーシップを維持することが非常に重要だという、更なる教訓を与えた。正にそのために、今日の対面式の会談は、私たちとウクライナの関係の発展、その深化に関する非常に大きなシグナルなのだ。その会談は、EU市民とウクライナ国民に対して、特に危険な時期の中での私たちの関係の重要性についての明確なシグナルを送っている」と発言した。

議長は、EUは、ウクライナの領土一体性と主権を支持し続けていくと明言し、更に「私たちは、ロシアによるクリミア半島の違法併合を非難している。EUからのミンスク諸合意完全履行の支持と、クリミア・セヴァストーポリのロシアによる違法併合の私たちの不承認は、引き続き揺るがない」と発言した。

また、ミシェル議長は、ゼレンシキー大統領のドンバス紛争解決に向けた行動を非常に重要だと指摘し、同時にロシアに対して、ウクライナの主権と領土一体性を尊重する、平和的情勢解決のための決定模索に向けた相互的行動をとるよう要請した。

なお、6日、ブリュッセルでは、第22回ウクライナEU首脳会談が開催された。同首脳会談は、新型コロナウイルス感染症の世界的拡散が始まって以来、EUとパートナー国の間で開催される初めてのものとなる。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2020 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-