OSCE選挙監視団、ウクライナの地方選挙監視を開始

OSCE選挙監視団、ウクライナの地方選挙監視を開始

ウクルインフォルム
9月23日、欧州安全保障協力機構(OSCE)民主制度・人権事務所(ODIHR)がウクライナの地方選挙の監視を開始した。

外務省広報室が22日のジャパロヴァ外務第一次官とODIHR選挙監視団のインギビョルグ・ギスラドッティル団長と会談したと発表した

発表には、ウクライナ側の招待を受ける形で、9月23日からODIHR監視団が10月25日に投票日を迎えるウクライナの地方選挙を監視すると書かれている。

ジャパロヴァ外務第一次官は、ウクライナがODIHRの活動を一貫して支持していると伝えた上で、監視団の活動を支援する用意があると伝えた。

加えてジャパロヴァ氏は、今回の地方選挙は、非中央集権化改革の行われる中の新しい条件下で実施されるものであり、選挙への国内の関心が前例のないほど高くなっていると述べた。また、同氏は、今回の選挙がロシア連邦によるウクライナへの軍事侵略と領土の占領が続く中で行われることも指摘した。

ギスラドッティルODIHR選挙監視団団長は、ウクライナによる国際監視団の地方選挙への招待を肯定的に評価するとともに、選挙監視の活動内容につき報告した。

両者は、国家における民主的プロセスの発展と選挙制度の更なる補完の重要な要素としての国際選挙監視の重要性を強調した。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2020 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-