トルコ外務省、露占領政権によるクリミア・タタール拘束に懸念表明

トルコ外務省、露占領政権によるクリミア・タタール拘束に懸念表明

ウクルインフォルム
ロシアが占領するウクライナ南部クリミアにおける、8月31日のクリミア・タタール系住民拘束に関し、トルコ外務省は「クリミア・タタール人への体系的抑圧・脅迫」の最新の事例だと指摘した。

トルコ外務省が報道発表文を公表した

発表には、「私たちは、クリミアにおける今朝のクリミア・タタール系テュルク人の住居への襲撃とその場での拘束を、懸念を持ってフォローしている。本件は、2014年のクリミアの違法で不当な併合に続く、クリミア・タタール人への体系的抑圧と脅迫の最新の事例である」と指摘されている。

その上で、トルコ外務省は、トルコは自らの権利と利益を平和的手段で守り、民主的手段を通じて自らの声を伝えようとしてきたクリミア・タタール人を支持し続けると伝えた。

また、シビハ駐トルコ・ウクライナ大使は、本件につきトルコ政府に対して謝意を伝えている。大使は、ツイッター・アカウントにて、「トルコによるクリミア占領不承認(編集注:原文ママ)とクリミア・タタール人の権利保護という堅固かつ不変の立場を評価し、感謝している」と書き込んだ

これに先立ち、8月31日、ロシアの占領政権が、被占領下クリミアの4つの自治体にてクリミア・タタール系住民の住居に家宅捜索を実施、住民4名を拘束していた。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2020 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-