民主バイデン氏、大統領選当選の際のウクライナへの殺傷性兵器供与に言及

民主バイデン氏、大統領選当選の際のウクライナへの殺傷性兵器供与に言及

ウクルインフォルム
米民主党の大統領候補に指名されているジョー・バイデン前副大統領は、当選の際にはウクライナへ殺傷性のある兵器の供与が行えるようにしていくと発言した。

25日、「アメリカの声」放送が報じた

本件は、バイデン氏によるウクライナの8月24日の独立記念日に際した祝賀メッセージにて書かれている

バイデン氏は、メッセージにて「私は、大統領として、クレムリンに対して、自らの対ウクライナ侵略とウクライナ占領を終わらせねばならないことを明確にする。バイデン=ハリス政権は、ウクライナが必要な経済サポートと、殺傷性ある兵器を含む軍事サポートを得られるようにするとともに、同時にウクライナに対して、自らの成功のために決定的に必要な重要改革を進めるよう促していく」と発言した。

「アメリカの声」は、バイデン氏が副大統領を8年間務めたオバマ大統領政権時、政権がウクライナに致死性武器を供与しなかったことにつき、共和党が批判していたことを喚起している。ウクライナが対戦車ミサイル「ジャベリン」など、殺傷性ある防衛用兵器を米国から供与されたのは、トランプ政権になってからであった。

なお、米国大統領選挙は、本年11月3日実施される予定。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2020 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-