チハノフスカヤ候補選対メンバー、同候補のベラルーシ出国前の様子を説明

チハノフスカヤ候補選対メンバー、同候補のベラルーシ出国前の様子を説明

ウクルインフォルム
ベラルーシ大統領選挙で有力候補とみなされていたスヴェトラナ・チハノフスカヤ(シヴャトラナ・ツィハノウスカヤ)氏の選挙対策本部のメンバーであったオリハ・コヴァリコヴァ氏は、チハノフスカヤ氏が間もなくベラルーシへ戻ってくるだろうとの見方を示した。

18日、コヴァリコヴァ氏が露「モスクワのこだま」ラジオ出演時に発言した

コヴァリコヴァ氏は、「彼女は、(ベラルーシを)立ち去るつもりはなかった。だから、私は、スヴェトラナはもうすぐ帰ってくるだろうと確信している」と発言した。

同氏は、最後にチハノフスカヤ氏を見たのは、ベラルーシ中央選挙管理委員会建物近くであり、その際には彼女には出国の意向はなかったと述べた。同氏は、チハノフスカヤ氏に対して圧力がかけられたのだろうと述べ、それによりベラルーシを急遽出国したのだろうとの見方を示した。

その上で同氏は、「彼女の夫がベラルーシにて投獄されており、彼女の選対チームから8人に刑事追訴中である状況下で、彼女に何らかの圧力がかけられたことは予想可能だ」と発言した。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2021 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-