ロシアは初めてルカシェンコを大統領選挙で支持しないことを決めた=ベラルーシ野党政治家

ロシアは初めてルカシェンコを大統領選挙で支持しないことを決めた=ベラルーシ野党政治家

ウクルインフォルム
ロシアは、ベラルーシ大統領選挙にて、中立の立場を取り、現職のアレクサンドル・ルカシェンコ氏を含めて、どの候補も支持しないことを決めている。

ベラルーシの野党政治家であるヴァレリー・ツェプカロ氏がキーウ(キエフ)訪問中にニュースサイト「フロマツィケ」へのインタビュー時に発言した

ツェプカロ氏は、「ロシアにとっても、ルカシェンコを支持するか、あるいは将来ベラルーシの民とけんかするか、というのは深刻な問題だ。というのも、彼(ルカシェンコ氏)が再選する保証がないからだ。また、反対に(ロシアが)ベラルーシの民を支持する、というのも難しい。なぜなら、ルカシェンコとの間に様々な合意、義務があるからだ」との見方を示した。

同氏は、今回の選挙でロシア政権は、どの候補者も支持しない立場をとっており、それが現状唯一の正しい立場だと指摘した。

ツェプカロ氏は、「クレムリンだけでなく、(ロシア)国家院のより独立的な政治家も支持を表明していない。唯一指摘するならば、ワグナー傭兵ら(編集注:ベラルーシ治安機関に拘束されたロシアの民間軍事会社「ワグナー」の傭兵33名。同国治安機関は、彼らが選挙前の情勢を不安定化するためにベラルーシに来ていた可能性を指摘している)が拘束された際に、ザトゥーリン(露国家院議員)がそれを、ばかげたこと、ルカシェンコの異常さを示すものと述べていた。彼はあまり外交的な言い方をしなかったが、しかし、その立場はモスクワの公式立場に近い」と発言した。

なお、ツェプカロ氏は、本年8月9日のベラルーシ大統領選挙において、ルカシェンコの有力対抗馬とみなされていた人物。しかし、7月14日、ベラルーシ中央選挙管理委員会は、同氏の出馬登録を認めなかった。その際、委員会は、ツェプカロ氏が提出した16万以上の署名の内、8万弱のみ認め、出馬登録に必要な署名数(10万)に足りないと主張していた。

7月24日、ツェプカロ氏は、治安当局に拘束されることを危惧して、ベラルーシを出国しモスクワへ向かったことが伝えられた。その後、ツェプカロ氏は、ウクライナのキーウを訪れている。

現在、ベラルーシでは、8月9日に投票日を迎える大統領選挙の選挙運動が続いている。野党勢力では、ツェプカロ氏と同様に出馬が認められなかったヴィクトル・ババリコ氏が、出馬の認められたスヴェトラナ・チハノフスカヤ氏への支持を表明しており、チハノフスカヤ氏が主要な野党候補となっている。ババリコ氏は、現在拘置所にて拘束されている。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2021 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-