ウクライナ野党幹部、クリミアをバカンスのために訪問

ウクライナ野党幹部、クリミアをバカンスのために訪問

ウクルインフォルム
野党プラットフォーム生活のため党(野党生活党)の幹部であるヴィクトル・メドヴェチューク最高会議(国会)議員が被占領下のクリミアにて休暇を過ごしていることが明らかになった。

同議員の広報担当がニュースサイト「真実のクリミア」に対し同情報を認めた。

広報担当は、ヴィクトル・メドヴェチューク氏が家族とともにクリミアにて休暇を過ごしていることのみ認め、それ以外のコメントはしていない。

また、これに先立ち、ウクルインフォルムは、関係者により、2日、メドヴェチューク氏がクリミアとの通過検問地点「カランチャク」をメルセデスにて通過したとの情報を得ていた。同乗していたのは、メドヴェチューク氏の配偶者であるキャスターのオクサーナ・マルチェンコ氏と警護2名。

なお、メドヴェチューク氏の公開されている資産申告によれば、同氏は被占領下クリミアのオポルズネヴェ村(ヤルタ)にて、371平方メートルの建物と5620平方メートルの土地を有している。

メドヴェチューク氏の実娘の宗教上の代父は、ロシア連邦のウラジーミル・プーチン大統領である。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2021 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-