外相、クリミア・タタール人指導者らと民族旗を掲揚

外相、クリミア・タタール人指導者らと民族旗を掲揚

写真
ウクルインフォルム
26日、クリミア・タタール旗の日を記念し、キーウ(キエフ)市内の外務省建物近くにて、ウクライナ国旗と並びクリミア・タタール民族旗が掲揚された。

民族旗掲揚式には、ドミトロー・クレーバ外相、クリミア・タタール民族代表機関「メジュリス」のレファト・チュバロフ氏、民族指導者として知られるムスタファ・ジェミレフ氏、エミネ・ジェパル(ジャパロヴァ)外務第一次官らが参加した。ウクルインフォルムの記者が伝えた。

クレーバ外相は、式典にて、「私たちは、私たちとウクライナにとって特別な意味を持つ、クリミア・タタール旗を掲げる。皆に明言したい。外務省で働く私たちにとって、被占領下クリミアに残るクリミア・タタール人の権利保護の問題、クリミア脱占領問題は、常に優先課題である。勝利の時まで、今日私たちが掲げるこの旗が、ウクライナ国旗と並んでクリミア自治共和国とセヴァストーポリ市の全ての自治体に掲げられる日が来るまで、私たちが止まることはない」と発言した。

ムスタファ・ジェミレフ氏
ムスタファ・ジェミレフ氏
エミネ・ジャパロヴァ外務第一次官
エミネ・ジェパル外務第一次官

外相は、クリミア・タタール旗は今日キーウ市だけはなく、ウクライナのプレゼンスがある世界中のあらゆる場所で掲げられると述べ、それはクリミアがウクライナの外交官たちの頭と仕事の中にあり続けていることを示すものだと強調した。

クレーバ外相、ジェミレフ氏
クレーバ外相、ジェミレフ氏

チュバロフ・メジュリス代表は、クリミア・タタール民族旗をウクライナの国家と社会がたたえることは、クリミア先住民の歴史への敬意を示すものであり、被占領下クリミアに暮らすウクライナ国民皆に対して、クリミアにはウクライナの国家主権が回復されるのだという確信を与えるものだと発言した。

チュバロフ氏はまた、「私は、クリミアの人々の頭上に再びウクライナ国旗がたなびくこと、そしてその横に、ウクライナ国家の構成内でのクリミア・タタール民族領域自治の公式の旗としてクリミア・タタール旗が掲げられる日が、必ず来ると確信している」と強調した。

クレーバ外相、ジェミレフ氏、チュバロフ・メジュリス代表
クレーバ外相、ジェミレフ氏、チュバロフ・メジュリス代表

なお、ウクライナでは、6月26日は、クリミア・タタール旗の日が祝われている。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2020 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-