シュミハリ新首相、政府の優先課題に言及

シュミハリ新首相、政府の優先課題に言及

ウクルインフォルム
4日に最高会議により任命されたデニス・シュミハリ新首相は、ゼレンシキー大統領が2019年8月に前内閣組閣時に提示した課題を引き継ぐと発言した。

シュミハリ氏が最高会議にて、自身の首相職への任命前に発言した。ウクルインフォルムの記者が伝えた。

シュミハリ氏は、「私たちの優先課題は、2019年8月29日に、大統領が前内閣任命時に提示したもののままであるが、それらはまだ最後まで実現されていない。非中央集権化継続、良好な投資環境の創出、エネルギー効率の達成、産業、農業分野、インフラの再生、医療・教育の質の改善である。最重要なのは、国家安全保障・国防の強化、ドンバス戦争の集結、併合されたクリミアの返還だ。これらの課題全てを新内閣は解決していく」と発言した。

なお、これに先立ち、同日の最高会議にて、ホンチャルーク首相が解任されたことにより、内閣は総辞職している。デニス・シュミハリ氏は、新首相に任命されている。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2020 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-