【ウクライナ・トルコ戦略評議会】大統領府が総括 軍事支援、運転免許証相互承認、自由貿易圏

【ウクライナ・トルコ戦略評議会】大統領府が総括 軍事支援、運転免許証相互承認、自由貿易圏

写真
ウクルインフォルム
ヴォロディーミル・ゼレンシキー大統領とトルコのレジェップ・タイープ・エルドアン大統領は3日、第8回ハイレベル戦略評議会会合の総括となる共同声明に署名した。

大統領府広報室が伝えた

共同声明にて、トルコによるウクライナの主権・領土一体性を変わらぬ支持が確認され、両国がウクライナ・トルコ戦略的パートナーシップの発展となる全ての分野(とりわけ、政治、安全保障、軍事、貿易・経済、防衛産業)での優先課題を定めている。

また、同日、両国大統領出席の上で、複数の文書が政府間で署名された。

ゼレンシキー大統領は、署名式の際、「今日、重要な軍事・財政協力協定が採択された。これにより、ウクライナ軍はトルコのパートナーたちから財政支援を受け取る。私たちは、これに心から感謝している」と発言した。

署名された文書は、軍事・財政協力協定ウクライナ・トルコ政府間財政支援実現議定書とのこと。

これらの文書は、ウクライナ軍によるトルコの軍事品・軍民両用(デュアルユース)品獲得用に、トルコ政府が2億トルコ・リラ(約3600万ドル)を拠出することを定めている。

更に、ミロヴァノウ経済・貿易・農業発展相と、ペクジャン・トルコ貿易相が、自由貿易圏協定のための協議に関する相互理解覚書に署名。

アヴァコウ内務相とインジェ・トルコ内務次官が、国内運転免許証相互承認・交換政府間協定に署名。この協定は、ウクライナとトルコの国内運転免許証の短期・相互認証・交換を規定しており、短期・長期で相手の国に滞在する両国国民のために運用される。

その他、ウクライナの国家非常事態庁とトルコ内務省傘下の災害・緊急事態対策庁の間で、相互理解覚書が署名された。同覚書は、防災協力の強化に関する内容となっている。

また、両国の国家アーカイブ庁間で、協力に関する覚書も署名。両機関間で、今後の具体的対話を発展させるものと説明された。

写真:大統領府


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2020 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-