キーウ市中心部でバンデラ生誕を祝う恒例の行進開催

キーウ市中心部でバンデラ生誕を祝う恒例の行進開催

写真
ウクルインフォルム
1日、キーウ(キエフ)市中心部にて、ウクライナ民族主義者組織(OUN)の指導者ステパン・バンデラの生誕111周年に合わせた「たいまつ行進」が行われた。

ウクルインフォルムの記者が伝えた。

更新を組織したのは。自由党(スヴォボーダ)、右派セクター党などの右派系団体。

午後6時、約1000名の参加者がタラス・シェウチェンコ公園から独立広場へ行進した。

参加者は、ステパン・バンデラの肖像や民族主義シンボルの描かれた横断幕を持ち、音楽を鳴らし、太鼓を叩きながら歩いた。

アンドリー・イリェンコ自由党副党首は、同行進につき、「今日は、私たちがウクライナ人であること、英雄や通りの名前が重要であること、どんな旗が掲げられているか、私たちの国の名前は何かを示すことが重要な日だ。私たちは、団結して、ウクライナをウクライナ的にしなければならない」とコメントした。

活動家たちは、「ウクライナに栄光を!英雄たちに栄光を!」「民族に栄光を!敵に死を!」「ウクライナは至高だ!」とのスローガンを叫んだ。

現場は、警察や国家警護隊が強化体制で警備に当たっていた。

行進終了後、キーウ市警察は、動員された治安機関職員は250名で、同日の行事は違法行為なく終了したと発表した。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2020 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-