ゼレンシキー大統領、28年前のウクライナ独立国民投票実施を祝うメッセージ発出

ゼレンシキー大統領、28年前のウクライナ独立国民投票実施を祝うメッセージ発出

ウクルインフォルム
ゼレンシキー大統領は、1991年12月1日のウクライナ独立を問う国民投票実施を祝うメッセージを発出した。

1日、大統領が自身のフェイスブック・アカウントに書き込んだ

大統領は、「28年前、独立宣言の支持を問う歴史的な国民投票が実施された。ザカルパッチャ州、ヴォリーニ州、ドンバス地方、リヴィウ州、オデーサ、ハルキウ、ドニプロ、ルハンシク、クリミア、祖国のあらゆる場所にて、ウクライナ人90%が『ウクライナは存在すべき!』と述べたのだ」と書き込んだ。

大統領はまた、その時以来、人々は皆、団結して独立した国にともに暮らすべく、言語、性別、信仰を問わずに団結しているのだと伝えた。

大統領は、「今日既に、独立ウクライナで生まれて、自分の子どもを生む、一つの世代が存在している。彼らは、私たちの未来である。そのために、私たちは、今後も団結せねばならない」と強調した。

なお、1991年12月1日、ウクライナでは、同年8月24日に最高会議により採択された「ウクライナ独立宣言」の確定を問う国民投票が実施された。

同国民投票にて、90.92%が支持を表明しており、また全ての自治体において、独立支持が過半数を越えていた。クリミアでは54.19%、セヴァストーポリでは57.07%、ドネツィク州、ルハンシク州、オデーサ州、ハルキウ州では80%以上がウクライナ独立への支持を表明した。イヴァノ=フランキウシク州、リヴィウ州、テルノーピリ州、ヴォリーニ州、リウネ州、ジトーミル州、キーウ州、フメリニツィキー州、チェルカーシ州、ヴィンニツャ州では、独立支持は95%を超えていた。

投票日の翌日、1991年12月2日には、ポーランドとカナダがウクライナの独立を表明。同月4日には、リトアニアとラトビアがこれに続いた。日本は、1991年12月28日に独立を承認(国家承認)している。

また、1991年12月1日の国民投票は、同時に第一回ウクライナ大統領選挙も実施されており、その際、レオニード・クラウチューク氏が初代大統領に選出されている。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2019 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-