汚職防止問題庁刷新法が発効

汚職防止問題庁刷新法が発効

ウクルインフォルム
18日、政府高官の資産データの管理等を行う国家汚職防止問題庁(NAPC)を刷新する法が発効した。今後、12月18日までに公選によるNAPC長官の選出が行われる。

17日に議会官報「ウクライナの声」に掲載された新法「汚職防止の構造メカニズムの効率確保に関する複数法改正法」に書かれている。同法は、公布の翌日である、本日に発効した。

同法は、政府が選考期間の同庁業務を担当するNAPC長官代行を任命した時点で、現在のNAPCメンバーと長官の権限を停止する。これにより、新長官が選出されるまで、同庁の権限を有する人物が不在となる。また、同法は、NAPCの構造改変を行い、これまでのNAPCメンバーによる集団決定採択システムを廃止し、NAPC長官が決定を行うシステムを導入する。

NAPC長官の選考は、6名の委員からなる選考委員会が行う。委員6名のうち3名は、ウクライナ政府が選出し、3名は国際ドナー機関が選出する。長官の任期は、4年間。再任は禁止。今回の改正で、長官は、副長官の任命・解任権限を得る。

NAPC長官の独立性は、期限前解任を可能とする根拠のリストにより保障されており、同リストが政治的意図での解任を不可能としているとのこと。長官の期限前解任は、NAPC業務の監査を行う委員会が否定的評価を下した場合に可能となる。

NAPC長官の給与は、これまでの約2倍となる(同法発効時点で、7万7400フリヴニャとなる)。

なお、今回の改正法は、10月2日に最高会議が採択していた。NAPCは、ゼレンシキー大統領に、同法に拒否権を発動するよう要請していた。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2019 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-