クリチコ・キーウ市長、オーストリアで入院

クリチコ・キーウ市長、オーストリアで入院

ウクルインフォルム
キーウ(キエフ)市長のヴィタリー・クリチコ氏は、背中にある後遺症の再発検査のためにオーストリアのザンクト・ヨハン・イン・チロル市内の病院に入院していることがわかった。

28日、リーガ・ネット通信に対し、オクサーナ・ジノヴイェヴァ同市長広報担当が伝えた。

同広報担当によると、26日、クリチコ市長は、経済フォーラムのあったスイスのダボスからオーストリアの病院へ検査のために運ばれたとのことで、同広報担当は、「クリチコ氏は、検査とリハビリのためにオーストリアに滞在しています。彼の背中の古い後遺症が悪化したのです」と伝えた。

また、同広報担当は、クリチコ市長がスイスでスキーをしたことと本件は関係ないとしつつ、「詳細は把握していません。外科手術はないそうです」と述べた。

また、広報担当は、市長の復帰時期については伝えず、同時に、今回の入院のためにオスロへの出張を延期することになったと発表した。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2019 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-