ポロシェンコ大統領、非中央線集権化の新しい憲法改正案を準備するよう提案

ポロシェンコ大統領、非中央線集権化の新しい憲法改正案を準備するよう提案

ウクルインフォルム
ペトロ・ポロシェンコ大統領は、非中央集権化に関する新しい憲法改正を準備することを考えるよう提案した。

12日、ポロシェンコ大統領が、地方発展評議会の例年会合の演説で述べた。ウクルインフォルムの記者が伝えた。

ポロシェンコ大統領は、「昨日被占領地で違法選挙が実施されたこと、ロシアがミンスク諸合意に著しく違反していることに関係して、既存の憲法改正案は最高会議(国会)に残したままである(編集注:既存の非中央集権化部分の憲法改正案は、ミンスク諸合意の規定するドネツィク・ルハンシク両州への特別地位付与に関わる内容を含む)。しかし、もしかしたら、私たちは、非中央集権化を断固として進め続け、同プロセスに憲法上の基本を与える(新しい)改正案を素早く準備できるかもしれない」と発言した。

大統領は、憲法改正には審議が2会期必要であり、2019年1月1日までにこのような改正案を採択することは不可能だが、しかし、2020年1月1日か2021年には実現できるかもしれないと指摘した。

これまでの報道では、2015年8月31日、最高会議は、「(非中央集権化に関する)ウクライナ憲法改正」法案第2217a号を予備採択で採択していた。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2019 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-