保安庁、通信傍受記録公開:6月に武装集団幹部、『ザハルチェンコはずし』を協議

保安庁、通信傍受記録公開:6月に武装集団幹部、『ザハルチェンコはずし』を協議

ウクルインフォルム
27日、保安庁(SBU)は、武装集団の会話の通信傍受記録を公開した。この会話によれば、当時いわゆる「DPR人民会議議長」であったデニス・プシーリンが、オレクサンドル・ザハルチェンコ「DPR首長」の強制退陣を予定していたとのこと。

SBUのウェブサイトで同記録が公開された。

SBU広報室は、「SBU職員は、オレクサンドル・ザハルチェンコ『DPR首長』を同ポストから強制的に退陣させるため、いわゆる『DPR人民会議議長』のデニス・プシーリンが準備を行っていたことの証拠となる音声記録を入手した。会話を行っているのは、プシーリンの秘書官であるオレクサンドル・ラヴレンチェフと二名の不明の人物からなるもので、会話が行われたのは、6月12日午後4時50分、トルコのアンタルヤ市のレストラン『Yuvam』である」と発表している。

発表では、この音声記録により、プシーリンによる偽共和国の「国家転覆」の準備が確認されるという。そして、「『中立的な場所』における計画の議論の際に、レヴレンチェフは、本年9月までに現行の『DPR首長』を選挙を行わずに交代させることが不可欠であると強調している。彼の言葉によれば、新しい『共和国首長代行』が現れることで、『ザハルチェンコ問題』が最終的に解決するのだとのことであった」と強調されている。

SBUは、約4時間にわたる会話の中から、もっとも証拠として意味のある部分を公開したとしている。

これまでの報道では、8月31日、ドネツィク市の中心部にあるレストラン「シェパル」で爆発が起こり、その結果、ザハルチェンコ「DPR首長」が死亡した。その後、「DPR首長」には、プシーリンが任命された。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2019 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-