宇国防省、独からの防空システムと米からの高機動ロケットシステムのウクライナ到着を報告

宇国防省、独からの防空システムと米からの高機動ロケットシステムのウクライナ到着を報告

ウクルインフォルム
ウクライナのレズニコウ国防相は11日、ドイツから防空システム「アイリスティー(IRIS-T)」1基が、米国から高機動ロケットシステム「ハイマース」追加4台が到着したことを報告した。

レズニコウ宇国防相がツイッター・アカウントで報告した。

レズニコウ氏は、「ウクライナにて新しい防空の時代が始まった。ドイツからのアイリスティーがもうここにある」と書き込んだ。さらに、「米国のナサムスも向かっている」と述べ、「これは始まりに過ぎない。そして私たちにはもっと多く必要だ。ロシアがテロ国家であることに疑いはない。私たちの人々を守るために、ウクライナの空を守ることには、道徳的要請なのだ」と強調した。

さらに同氏は、ハイマース到着について、「米国パートナーからの4台のハイマースが到着した! 私はバイデン米大統領とオースティン米国防相と米国民皆に感謝している。ハイマースの時刻だ。それは、ウクライナ人にとっては良い時間であり、占領者にとっては悪い時間である」と書き込んだ

また、同氏は、通称「ラムシュタイン会議」と呼ばれる、ウクライナ防衛支援コンタクトグループ会合が12日に開催されることを喚起し、「そこではより多くのものが現れる」と予告した。

なお、米ホワイトハウスのカービー安全保障会議(NSC)戦略広報調整官は11日、米国はウクライナへ提供予定の防空ミサイルシステム「ナサムス(NASAMS)」の最初の2基を「近い将来」移送すると発言していた


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

トピック

ウクルインフォルム

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2024 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-