ウクライナ東部ルハンシク州の政府管理地域の幼稚園に砲撃 ゼレンシキー大統領「大きな挑発」

ウクライナ東部ルハンシク州の政府管理地域の幼稚園に砲撃 ゼレンシキー大統領「大きな挑発」

写真
ウクルインフォルム
17日、ウクライナ東部ルハンシク州スタニツャ・ルハンシカの幼稚園が、ロシア占領軍からの砲撃を受けて破損した。ゼレンシキー宇大統領は、「大きな挑発だ」とコメント。他方で、ロシア占領政権「報道機関」は、ウクライナ軍が砲撃したものだと非難した。

ゼレンシキー大統領は、同砲撃につきツイッター・アカウントにコメントした

ゼレンシキー氏は、「親露精力によるスタニツャ・ルハンシカの幼稚園への砲撃は、大きな挑発だ」とコメントした。

また、同氏は、外交官と欧州安全保障協力機構(OSCE)がウクライナに残りることが重要だとし、彼ら(編集注:OSCE特別監視団)の監視活動が追加的な抑止になっていることを指摘した。同氏は、「私たちは、全ての停戦違反を記録する効果的なメカニズムを必要としている」と強調した。

その他、ウクライナ軍傘下でルハンシク州情勢の緊急報告を行うグループ「北」は、フェイスブック・アカウントにて、同砲撃にて、「2月17日朝9時ごろ、違法武装集団は、自らの行動の残酷さと冷笑性をもって、信じられないことを行った。占領者たちは、重火器にて、スタニツャ・ルハンシカの幼稚園を砲撃した」と報告した

報告によれば、ロシア占領軍の同砲撃により、幼稚園職員3名が負傷。砲撃発生時には同施設には、児童20名、職員18名がいたが、彼らは退避したという。

同時に、同報告では、ルハンシク州一部地域(CALR)の「報道機関」がロシア占領軍の破壊した幼稚園の写真や動画を拡散しながら、ウクライナ軍を非難していると説明されている。

同グループは、「もう一度注意勧告する。未確認情報源の情報は信じてはいけない」と強調している。

また、民間調査グループ「ベリングキャット」の創設者であるエリオット・ヒギンス氏は、ツイッター・アカウントにて、インターネット上の画像から同砲撃の発射地点、角度、着弾地点を検証している


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

トピック

ウクルインフォルム

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2024 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-