OSCE幹部、ウクライナ東部の露武装集団に監視団の移動制限を解除するよう要請

OSCE幹部、ウクライナ東部の露武装集団に監視団の移動制限を解除するよう要請

東部情勢
ウクルインフォルム
欧州安全保障協力機構(OSCE)のリンデ議長(スウェーデン外相)とシュミド事務総長は、ウクライナ東部のロシア武装集団によるOSCE特別監視団(SMM)のパトロールのための移動に対する制限を行わないよう呼びかけた。

27日、OSCEウェブサイトに声明が掲載された

声明には、「OSCE現議長のアン・リンデ・スウェーデン外相とヘルガ・シュミドOSCE事務総長は、現在OSCE・SMMがウクライナ非政府管理地域、特にルハンシク州で直面している、移動の自由に対する体系的で受け入れられない制限に懸念を表明した」と書かれている。OSCE幹部は、SMMの活動を著しく阻害しているその「新しいレベルに達している」制限を速やかに取り除くよう呼びかけた。

声明には具体的に、過去1週間だけで、武装集団によってSMMのパトロールのためのコンタクト・ラインを通じた移動が、ルハンシク州において3回、ドネツィク州において1回妨害されたことが報告されている。

OSCEは、具体的に、常設理事会の第1117決定により、SMMはウクライナ全土にて安全かつ確実なアクセスを得ることが定められていることを喚起した。声明には、「全ての地域への制限なく無条件なアクセスが、治安状況の効果的な監視と報告やその他のマンデートのある課題の遂行を確保する上で決定的に重要である。マンデートは、SMMに対して、移動の自由はその他のマンデート履行の阻害について全て報告することを課している」と喚起されている。

なお、SMMは、ウクライナ東部非政府管理地域(ロシア占領軍支配地域)における、戦闘員によるSMM監視要員の移動の制限を、スポットレポートにて報告している。前週は、11月23日24日、25日()に連日報告するなど、その報告頻度が上がっていた。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2022 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-