ザポリッジャ市でウクライナ東部戦死者の告別式開催

ザポリッジャ市でウクライナ東部戦死者の告別式開催

写真
ウクルインフォルム
14日、南部ザポリッジャ市にて、9月11日にドネツィク州ノヴォフナチウカ近郊で軍事課題遂行中に死亡した、ウクライナ軍情報員のデニス・ヘルマン氏の告別式が行われた。

ウクルインフォルムの記者が伝えた。

軍事基地A1035副指揮官のエドゥアルド・コロウニク氏は、「私たちは特殊課題を遂行している。全ては、違法武装集団側からの火砲砲撃の結果生じたことだ。砲撃は夜中に行われた。私たちの人員は非常に良く訓練されているが、そのような状況では、損耗の蓋然性は非常に高くなる。衛生兵が述べたように、彼に生き残るチャンスはなく、現場で即死したのだ」と発言した。

作戦戦術部隊「スヒード(東)」情報局のタラス・コマルニツィキー局長は、ヘルマン氏の両親に、感謝・冥福状を渡した。

同局長は、「残念ながら、戦争は続いており、戦争はウクライナの最善の息子、娘たちを奪っていく。デニス氏は、その一人だった。彼は、ウクライナの真の息子であり、国家の真の兵士だった。彼は、人間の持つ最も高価なものを捧げたのだ。自らの命である。デニスよ、あなたの犠牲は無駄にはならない。私たちは、最後までやり遂げてみせる」と発言した。

写真:ドミトロー・スモリイェンコ/ウクルインフォルム

告別式では、1分間の黙祷が行われた。

この後、遺体は火葬のためにオデーサに運ばれる。

これに先立ち、9月11日3時15分、ドネツィク州ノヴォフナチウカにて軍事課題遂行中のデニス・ヘルマン氏が死亡した。ヘルマン氏は、1989年9月29日ザポリッジャ市生まれ。キーウ(キエフ)工科大学の法学部修士課程を修了していた。

2019年10月、契約兵として第74独立情報大隊へ砲手として入隊。動物が好きなことから、コードネームは「ハリネズミ」だった。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2021 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-