多国籍軍事演習「シーブリーズ2021」 陸上・海上で継続

多国籍軍事演習「シーブリーズ2021」 陸上・海上で継続

写真・動画
ウクルインフォルム
ウクライナ南部で実施されている多国籍軍事演習「シーブリーズ2021」の一環で、陸上沿岸部にて実戦に近い条件下での演習が始まった。

6日、ウクライナ軍参謀本部がフェイスブック・アカウントで報告した

発表によれば、仮想敵による待ち伏せへの対応、安定化行動、機材搬送ルートの確保といった様々な状況を想定した訓練が行われるとあり、最大限実践に近づけた条件の元で演習実施が予定されていると書かれており、待ち伏せに対しては電子戦機器を使用して対応するのだという。

写真:参謀本部

前日は、米軍とウクライナ軍の諜報グループが、敵違法武装集団と重要インフラ対象物の発見を目的に仮想敵の背後に落下する訓練が行われたとのこと。

沿岸部演習には、米国、ジョージア、モルドバの海兵とウクライナの国境警備隊が参加したと書かれている。

また、同日、ウクライナの国境警備庁は、多国籍戦術グループによる海上演習の実施を報告した

発表には、貨物の明け渡し、事故を起こした船の牽引、監視グループの搭乗、船上での指示形成、装備着用時の水中移動、信号生成、民間船のコントロールといった訓練が行われたと書かれている。

また、高速小型ボートの攻撃撃退や、海上・空中対象物へ向けた砲撃訓練も行われたとのこと。

なお、多国籍軍事演習「シーブリーズ2021」は、6月28日から7月10日まで実施されている。今回の同演習は、過去20年で最大規模となっている。日本もまた、今回初めて同演習にオブザーバー参加している。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2021 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-