【宇日防衛相会談】両国防衛相、中国の海警法へ懸念=日本防衛省発表

【宇日防衛相会談】両国防衛相、中国の海警法へ懸念=日本防衛省発表

ウクルインフォルム
17日に実施された日本・ウクライナ防衛相テレビ会談の際、両大臣は、中国の海警法に対する深刻な懸念について認識を一致した。

防衛省が同会談の結果を公表した

発表によれば、岸信夫防衛相から、アンドリー・タラン国防相に対して、今回の会談が実現できたことは両国にとり重要であること、また日本は一貫してウクライナの主権及び領土一体性を尊重すること、力による一方的な現状変更の試みは断じて認めないとの立場には変わりがないことを表明した。タラン大臣は、日本の立場に感謝を示し、両国間の防衛協力・交流の一層の進展への期待を述べた。

発表には、「両大臣は、両国間の防衛協力・交流の重要性を確認し、2018年に署名された『防衛協力・交流覚書』に基づき、幅広い分野で協力を推進していくことで一致」したと書かれている他、「第2回日ウクライナ安保協議」及び「防衛当局間協議」の本年後半の開催、「シーブリーズ2021」演習(編集注:多国間軍事演習)への日本のオブザーバー参加、ウクライナ軍衛生当局者の訪日について進めていくことで一致したと書かれている。

また両大臣は、両国の防衛産業の状況や防衛装備・技術分野における取組についても意見交換を行った。

発表によれば、加えて、両大臣は、特に東・南シナ海情勢などの地域情勢について意見交換を行い、「力を背景とした一方的な現状変更の試みや緊張を高めるいかなる行為にも強く反対することで一致」、とりわけ、「中国の海警法に対する深刻な懸念について認識を一致」した。

タラン国防相からは、ウクライナ情勢についての説明、占領された領土を取り戻し、領土の一体性を回復するための取組の重要性への言及があった。その他両者は、北朝鮮情勢についても協議を行なった。

また同日、岸防衛相は、ツイッター・アカウントにて、今回の会談について報告している。

なお、タラン国防相は、16、17日、日本を訪問した。ウクライナ国防相の訪日は今回が初めて。当初、タラン国防相と岸防衛相は、防衛省にて会談を行う予定だったが、タラン大臣の随行者1名から新型コロナウイルスの陽性反応があったとの連絡を受け、会談は、対面式からテレビ式に切り替えられている。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2021 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-