ウクライナは現在5つのシナリオの内の1つに従い行動している=ダニーロウ安保会議書記

ウクライナは現在5つのシナリオの内の1つに従い行動している=ダニーロウ安保会議書記

ウクルインフォルム
ウクライナは、ウクライナ国家安全保障国防会議(NSDC)が昨年12月に確定した情勢発展シナリオに従って行動している。そのシナリオは、本年12月までの実現を目処としている。

28日、オレクシー・ダニーロウNSDC書記がウクライナ24局出演時に発言した。

ダニーロウ氏は、「2019年12月5日にNSDC非公開会合が開催されたことを喚起する(編集注:発言ママ。実際に開催されたのは12月7日)。その際、ドネツィク・ルハンシク両州地域情勢の発展シナリオが5つ検討された。私たちは、現在確定されたシナリオの1つに従い行動している。ヴォロディーミル・ゼレンシキー大統領は、そのシナリオを抱いて12月9日にパリの(ノルマンディ4国)首脳会合へ向かったのだ。大統領は、ウクライナNSDCの決定を背負って(パリ4首脳会合へ)向かったのだ。同決定は、現在も有効だ」と発言した。

ダニーロウ氏は、ゼレンシキー大統領は情勢解決のために割く時間を1年間とすると述べていたことを喚起し、その上で、「その1年が経過するのは(2020年)12月9日である。12月9日を過ぎたら、私たちは、その後何をすべきかを理解することになる。私たちは、敵に対してもう一度、私たちの国から平和的手段で立ち去る機会を与えているのだ」と強調した。

記者から、12月9日後、その1年間のシナリオが機能しなかった場合は、ウクライナ政権は何をするのかとの質問に対して、ダニーロウ氏は、「私は、NSDC会合が開かれ、全ての治安期間が12月5日の際と同様に報告を行い、その後、NSDCが決定を採択することになると思っている」と返答した。

また、同氏は、今回のドンバス停戦は、29回目の試みであると指摘した。

同氏は、「私たちは、NSDCにて、非常に注意深くこれら全てを数えている。確かに、(停戦開始の27日)0時から20分後には、ロシア側から一定の行動があり、砲撃があった。ウクライナ軍人が誰も負傷しなかったというのは、あなた方も聞いたであろう。ただし、敵が一定の限度を超え、私たちに損耗が生じる場合は、反撃が非常に迅速に行われることは言わねばならない。信じてほしいが、反撃は、国内法とウクライナ憲法に従って行われる。私たちの軍人が殺されるまで待つ者など一人もいない」と強調した。

これに先立ち、7月27日0時01分、ドンバス地方では、完全かつ包括的な停戦合意が発効している。

統一部隊は、停戦初日(27日)のロシア占領軍による違反は3回、2日目の違反は1回だと発表している。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2020 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-