ノルマンディ4国首脳会合を前に、大統領府にて国家安全保障国防会議会合が開催

ノルマンディ4国首脳会合を前に、大統領府にて国家安全保障国防会議会合が開催

写真
ウクルインフォルム
12月7日、ノルマンディ4国首脳会談を前に、ゼレンシキー大統領を議長とした国家安全保障国防会議(NSDC)会合が開催された。

大統領府広報室が伝えた

発表には、「ノルマンディ・フォーマットの首脳会合を前に、ヴォロディーミル・ゼレンシキー大統領は、国家安全保障国防会議会合を召集した」と書かれている。

なお、発表には、同会合にはNSDCメンバー全員が参加し、非公開で実施されたと書かれている。

また、同日、オレクシー・ダニロウNSDC書記は、5チャンネル局に対して、NSDC会合の概要として、3つの重要な問題を審議したことを伝えた

ダニロウ書記は、1つ目は、複数ある被占領地の再統合シナリオのうち、現在実現が進められているものを1つ採択したと発言した。

同書記は、「再統合シナリオ、すなわち、ドネツィク・ルハンシク両州の被占領地域をウクライナに戻すという意味だ。議題に上っている重要な論点がある」と発言しつつ、シナリオの詳細は明かさなかった。

同書記は、同地での選挙実施を確保するためには3つのポイントがあるとし、「(被拘束者)交換、国境、撃たないこと、だ」と強調した。

2つ目の審議された内容は、領域防衛であると指摘され、本件の担当として、ミハイロ・コーヴァリ上級大将が任命されたと伝えられた。コーヴァリ氏が12月31日までに、領域防衛の案についての準備を終えることになるとのこと。ダニロウ書記は、領域防衛に加わりたい者は、志願兵含め、「近々、本件へ加えられることになる」と指摘した。

NSDC会合で審議された3つ目の問題は、サイバー・セキュリティに関するものだと伝えられた。ダニロウ書記は、「サイバー・セキュリティは、現在非常に重要となっている。私たちは、ある場所から私たちのサイバー空間に対して、毎日攻撃を感じている」と発言した。

なお、ドイツ、フランス、ウクライナ、ロシアの4国からなるノルマンディ・フォーマットの首脳会談は、12月9日、パリにて約3年ぶりに開催される。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2020 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-