ミコライウ港に上陸用舟艇「ユーリー・オレフィレンコ」が改修目的で来航

ミコライウ港に上陸用舟艇「ユーリー・オレフィレンコ」が改修目的で来航

ウクルインフォルム
国営ミコライウ造船工場に、ウクライナ海軍の中型上陸用舟艇「ユーリー・オレフィレンコ」が修理のために来航した。この船の通過のために、ミコライウ市内の跳ね橋が3つ同時に上げられた。

ウクルインフォルムの記者が伝えた。

ミコライウ造船工場のヴァレリー・カラシニコウ総裁は、7日に同工場に「ユーリー・オレフィレンコ」が来航したと伝えた上で、主エンジンと副エンジンをはじめ、包括的な修理が行われると説明した。同総裁は、「今回の修理には、工場の従業員約50名が作業する」と発言した。

修理は、短期間で行われるとのことだが、修理費用や具体的な期間は公表されなかった。

なお、「ユーリー・オレフィレンコ」のミコライウ来航のために、インフリシキー橋、ピウデンノブジキー橋と歩行者用の橋の3本の橋が同時に上げられることになった。3本の跳ね橋が上げられるのを見るために、数百人のミコライウ市民がインフル川まで訪れていた。なお、橋が上げられている間、市内の道路には渋滞が発生していたが、橋が戻されると、市内交通は回復した。

上陸用舟艇「ユーリー・オレフィレンコ」は、ポーランドのグダンスクにあったソ連艦隊のために作られ、1971年に完成したもの。同艦船は、1973年イスラエル・アラブ紛争の際、地中海艦隊に加わっており、実際の戦闘に加わった数少ない船の一つである。その際、同艦船の乗員は、イスラエルの F-4 Phantom IIを撃墜している。

90年代以降、同艦船は、ウクライナ海軍において、「キロヴォフラード」と名付けられていた。2014年にクリミアが占領された際、同艦船はオデーサ港に移動され、現在はミコライウ州オチャキウ港に配備されている。2016年、同艦船は、ウクライナ東部の武力紛争にて戦死したウクライナ海軍のユーリー・オレフィレンコ大佐を記念する名前に改名された。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2019 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-