ヘルソン市民の無料避難開始

ヘルソン市民の無料避難開始

ウクルインフォルム
11月11日にロシアの占領から解放されたウクライナ南部のヘルソン市から、政府が組織する最初の100人の市民の無料避難が行われた。

25日、一時的被占領地再統合省広報室が発表した

発表には、「フメリニツィキー市到着の際、全ての避難民は、国内避難民証明書の手続き支援と、大人の場合2000フリヴニャ、子供と障がい者の場合3000フリヴニャの国家資金援助を受け取る。皆が無料で住居へ案内され、人道支援を受け取る」と書かれている。

同省はまた、現在ヘルソン州からは、バスでオデーサ、ミコライウ、クリヴィー・リフへ避難が可能だとし、そこで人々は特別施設に移動し、その後避難電車で国内のより安全な地域へと送られると説明した。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

トピック

ウクルインフォルム

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2023 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-