ロシア軍、キーウ州ビラ・ツェルクヴァを自爆型無人機で攻撃=州行政府

ロシア軍、キーウ州ビラ・ツェルクヴァを自爆型無人機で攻撃=州行政府

ウクルインフォルム
ウクライナへの侵略を続けるロシア軍は5日未明、ウクライナ中部キーウ州のビラ・ツェルクヴァ市を自爆型無人機で2回攻撃した。インフラ施設にて火災が発生し、1名が負傷した。

クレーバ・キーウ州軍行政府長官が同日3時台にテレグラム・チャンネルにて伝えた

クレーバ氏は、「ビラ・ツェルクヴァでの複数の爆発に関する情報がある。暫定情報では、同市は自爆型無人機で攻撃された。それにより、インフラ施設にて火災が生じている。1名が負傷した」と書き込み、関連機関職員が現場で作業をしていると伝えた。

同時に同氏は、空襲警報を無視せず、すぐにシェルターへ逃げ込むよう呼びかけた。

さらに同日未明4時台、クレーバ氏は、ビラ・ツェルクヴァ市へさらに無人機の攻撃があったと報告した。同氏は、「キーウ州の住民は、シェルターに残るようお願いする! 危険は去っていない。空襲警報は州全域で続いている」と強調した。

その後、同日朝8時台、クレーバ氏は、夜間の攻撃は自爆型無人機「シャヘド136」であったとし、計6機が着弾し、爆発が生じたと伝えた。負傷者1名、インフラ施設が損傷したという。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

トピック

ウクルインフォルム

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2023 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-