露国防省、ミサイル巡洋艦「モスクワ」の沈没を報告

露国防省、ミサイル巡洋艦「モスクワ」の沈没を報告

ウクルインフォルム
ロシア連邦国防省は14日、ロシア黒海艦隊の旗艦であるミサイル巡洋艦「モスクワ」の沈没を公表した。

ロシア国営ニュースサイト「リア・ノーヴォスチ」がテレグラム・チャンネルにて報じた

報道には、「ロシア連邦国防省は、巡洋艦『モスクワ』の目的の港への曳航時、弾薬爆発による火災の際に受けた損傷から、船体が安定性を損なっていたことを報告する。嵐の中、船は沈没した」と書かれている。

なお、露国防省は、火災を発生させた弾薬爆発の原因については発表していない。

他方で、14日、ウクライナ軍の南部作戦を担当する作戦司令部「ピウデン(南)」は、同日「モスクワ」が沈み始めたことを報告していた

ピウデンの発表では、「黒海作戦圏にて、対艦ミサイル『ネプトゥーン』により巡洋艦『モスクワ』が著しく損壊。火災が発生した。その他の艦艇群の他の船が支援しようとしたが、嵐と強力な弾薬の爆破により、巡洋艦は転覆、そして沈み始めた」と報告されていた。

これに先立ち、ウクライナ軍は13日、ロシア海軍のミサイル巡洋艦「モスクワ」に対して、対艦ミサイル「ネプトゥーン」で攻撃、深刻なダメージを加えたと発表していた

また、国営キーウ設計局「ルーチ」は14日、同局開発の「ネプトゥーン」をロシア海軍ミサイル巡洋艦「モスクワ」に着弾させ、大きな被害を与えたことにつき、ウクライナ軍に謝意を表明している


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

トピック

ウクルインフォルム

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2024 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-