ウクライナ軍、ロシア軍巡洋艦「モスクワ」を対艦ミサイル「ネプトゥーン」で攻撃

ウクライナ軍、ロシア軍巡洋艦「モスクワ」を対艦ミサイル「ネプトゥーン」で攻撃

ウクルインフォルム
ウクライナ軍は13日、ロシア海軍のミサイル巡洋艦「モスクワ」に対して、対艦ミサイル「ネプトゥーン」で攻撃、深刻なダメージを加えた。

マルチェンコ・オデーサ州軍行政府長官がテレグラム・チャンネルにて発表した

マルチェンコ氏は、「ミサイル巡洋艦『モスクワ』が今日、ズミーニー島の私たちの国境警備隊員が送ったところへ向かった(編集注:隠語表現。ロシア軍巡洋艦が大失敗をしたの意)ことが確認された。黒海沿岸を守るミサイル『ネプトゥーン』がロシアの船に非常に深刻なダメージを加えた」と伝えた。

また、アレストヴィチ大統領府長官顧問は同日、ユーチューブ番組「フェイギン・ライブ」出演時に、ロシア艦隊の旗艦にて火災が起きていると発言した。

アレストヴィチ氏は、巡洋艦「モスクワ」には、510名の船員が乗っており、火災鎮火は嵐により困難となっていると述べた。さらに同氏は、2月のロシアによる全面侵攻直後にズミーニー島のウクライナ国境警備隊隊員に投降を要求した「ロシアの船」は、正にこのミサイル巡洋艦「モスクワ」であると認めた。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2022 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-