インタビュー

10ヶ月前

ウラディカ・クリメント・ウクライナ正教会シンフェローポリ・クリミア大主教

ウクライナという国家がなければ、教会はない。教会がなければ、国家もなくなる。

11ヶ月前

アナスタシヤ・クラスノシリシカ汚職対策センター専門家

違法蓄財規範の削除は、政治家に対する実質的な「恩赦」である

11ヶ月前

アンソニー・フーパー国際専門家市民会議議長

ウクライナが成功するためには、国家汚職対策局、検事総局、新しい裁判官が良く機能しなければならない。

1年前

トマーシュ・ペトシーチェク・チェコ外務大臣

ウクライナは、古典的軍事的な意味でも、ハイブリッドな意味でも、ロシアにとっての戦場と化している

1年前

ムスタファ・ジェミレフ・クリミア・タタール人指導者

私たちの目的は、ブダペスト覚書にもとづく「クリミア返還プラットフォーム」を創設すること

1年前

角茂樹駐ウクライナ日本国特命全権大使

日本の対露制裁の継続は、クリミアとドンバスだけの問題ではなく、原則の問題

1年前

ヴァディム・チェルニシュ一時的被占領地域・国内避難民問題相

国家は、社会における、批判的思考の発展を促進すること、情報を確認し、分析する能力を与えることに責任を負っている

1年前

瀬田真横浜市立大学准教授

アゾフ海・黒海・ケルチ海峡問題を考える際、国連海洋法条約の仲裁裁判所の南シナ海の問題はウクライナにとって有意義

1年前

オレスト・デイチャキフスキ、米国議会ヘルシンキ委員会元補佐官

アメリカ上院のホロドモール(人工的大規模飢餓)に関する決議は、1930年代のロシアの犯罪を文章化するもの

1年前

オリハ・ムサフィロヴァ露「ノーヴァヤ・ガゼータ」新聞記者

ウクライナが成功する秘訣は、ロシアとは何も一緒に行わないこと。

1年前

オリヴァー・ローデ先住民族人権保護専門家

ロシアが実際に行っていることは、先住民族の権利の保障とは正反対のことである

1年前

アレクサンダー・フーグOSCE特別監視団(SMM)第一副団長

OSCE特別監視団は、暴力の停止のために活動しているが、戦車を撤収することは我々の課題ではない

1年前

ヤツェク・チャプトヴィチ・ポーランド外相

ポーランドは、自分の政治的道を選択するウクライナの権利を擁護していく

1年前

セルヒー・キスリツァ外務次官

私たちの前には、司法的・外交的道が伸びている。これは、毎日の仕事の積み重ねである

1年前

ロスティスラウ・パウレンコ国家戦略研究所所長

トモス付与のプロセスは、もしかしたら期待ほどの速さではないが、見えない速度で進んでいる

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2020 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-