国外に避難しているウクライナ女性の68%、帰国を予定

国外に避難しているウクライナ女性の68%、帰国を予定

ウクルインフォルム
最新の調査により、ロシアによる全面侵略戦争を受けて国外に避難しているウクライナ人女性の68%がウクライナへの帰国を予定しており、また約90%が2つの国で生活を行っていることがわかった。

23日、「ウクライナ女性会議」の共同創設者であるヴォイツェホウシカ氏が調査「国外に一時的に避難したウクライナ女性が復興に参加するためにウクライナへ帰還する前提条件」のプレゼンテーションの際に発言した

ヴォイツェホウシカ氏は、「回答者の68%がウクライナへ戻ることを計画している。約90%が現在2つの国で生活している」と発言した。

また、調査によれば、52%の回答者が、5年後にはウクライナは高成長する欧州的な国あるいは安全な国へと発展・復興していることを信じていると回答した。

同時に43%の回答者は、5年後、ウクライナは深刻な経済危機や戦闘が生じていると悲観的な見方を示したという。

同時に、ハルチェンコ・キーウ国際社会学研究所常務取締役は、68%の国外に滞在し、帰国を計画している女性の内、近々帰国することを計画しているものは5%のみだと指摘した。

国外滞在の動機を尋ねる設問では、ウクライナで続く戦闘による生命への危険との回答が44%、一時的避難民に与えられる支援が36.5%、ウクライナより高い生活水準が36.5%、ウクライナの冬季に電気や暖房が止まる可能性が35%、ウクライナのものより良い人生の展望が32%、ウクライナ政権への失望が31%、全面戦争開始時に暮らしていた場所の破壊が28%、女性や家族が動員されることへの反対が19%、国外にいる親戚と共に暮らす願望が19%、国外にいる配偶者との関係が18%との回答だった。

また、ウクライナへ帰国するための動機を尋ねると、ウクライナに残っている親族との友好的関係との回答が40%、祖国や故郷への愛情が36%、より良い生活展望やウクライナの発展が34%、国外環境への不適応が32%、子供の気持ちが26%、ウクライナに保有する資産が24.5%、ウクライナ国内の仕事が16%、ウクライナ国内の自らの事業が9%だった。

今回の調査は、ウクライナ女性会議が発注し、「U-LEADウィズ・ヨーロッパ」の支援を受けて、ペリスコープ・リサーチがポーランドの団体「夢みよ、行動せよ」とともに、2023年11月1〜12日に、ウクライナ難民の大半が暮らすポーランド、チェコ、ドイツにて、18歳以上の800人のウクライナ国民女性を対象に実施したものだという。

写真:CTK Photo


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

トピック

ウクルインフォルム

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2024 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-