ゼレンシカ宇大統領夫人、トルコでコンスタンティノープル全地総主教と会談

ゼレンシカ宇大統領夫人、トルコでコンスタンティノープル全地総主教と会談

ウクルインフォルム
ウクライナのゼレンシカ大統領夫人は2日、トルコ訪問時に、ヴァルソロメオス1世コンスタンティノープル全地総主教と会談した。

ゼレンシカ大統領夫人がフェイスブック・アカウントで報告した

ゼレンシカ氏は、「キリスト教の」伝統では、一人の人が神の似姿だと考えられている。ロシア軍がそれへの姿勢は、私たちは毎日、同軍のウクライナでの犯罪において目にしている。さらには、ロシアの教会は、軍事侵略を支持すらしており、殺人者、拷問者を祝福している。キリスト教的世界観、倫理、価値が彼らにとって全くの現実的意味を持たないことは明白である」と書き込んだ。

ゼレンシカ宇大統領夫人とヴァルソロメオス1世コンスタンティノープル全地総主教の会談 写真:ゼレンシカ大統領夫人(フェイスブック)

ゼレンシカ氏はまた、ヴァルソロメオス全地総主教との会談後、同総主教がウクライナを支持し続けていることを伝えた。同氏は、「他方で、ヴァルソロメオス全地総主教は、この対ウクライナ戦争を、悪魔的戦争以外の何物でもないと述べている。彼は、そのような立場を(編集注:ロシアの全面的侵攻開始後)すぐに表明した。3月時点では、全地総主教は最初の人道支援をウクライナに発送しており、それを今も続けている。全地総主教は、ロシアの戦争が反人間的であることを証言し続けている。全地総主教は、常にウクライナにおける平和のために祈っており、世界で強制避難民たちの世話をしている」と書き込んだ。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

トピック

ウクルインフォルム

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2023 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-