マリウポリの抵抗運動参加者、「住民投票反対」と書かれた紙を持った写真で抗議

マリウポリの抵抗運動参加者、「住民投票反対」と書かれた紙を持った写真で抗議

写真
ウクルインフォルム
ロシア軍による占領の続くウクライナ東部マリウポリにて、抵抗運動に参加する匿名の人物が、「住民投票反対」と書かれた紙を手にした写真を公開した。

20日、マリウポリ市議会がテレグラム・チャンネルに写真を掲載した

市議会は、写真とともに「マリウポリの『住民投票反対』だ! 占領下でもマリウポリ市民は、マリウポリがウクライナであることを思い出せている! 不滅で不屈だ!」と書き込んだ。

これに先立ち、ロシアの報道機関は、9月23〜27日に、占領を続けるウクライナ領ヘルソン州・ザポリッジャ州にて、占領政権が「ロシア編入を問う住民投票」を実施すると決めたと報じていた。

また、20日、ヴォロジン露国家院議長は、ロシアはロシア武装集団「DPR」「LPR」のロシアへの編入を支持すると発言していた。

ゼレンシキー宇大統領は、ウクライナの立場は、如何なるアナウンスがあろうが、変わることはないと発言。クレーバ宇外相は、ロシア連邦による偽の「住民投票」も、ハイブリッド「動員」も、何も変化をもたらさないとし、ウクライナは自国領を解放する権利があるのであり、引き続き解放を続けると発言している。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

トピック

ウクルインフォルム

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2022 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-