ウクライナ偽情報対策センター、ロシアが日本の寿司店ブランドを利用した偽情報を拡散したと報告

ウクライナ偽情報対策センター、ロシアが日本の寿司店ブランドを利用した偽情報を拡散したと報告

写真
ウクルインフォルム
ウクライナの偽情報対策センターは13日、ロシアが日本の寿司チェーン店「寿司の美登利」のブランドを利用し、ロシア・ウクライナ戦争のテーマは飽きられている、とするナラティブを拡散しようとしたと報告した。

偽情報対策センター(国家安全保障国防会議(NSDC)傘下)がテレグラム・アカウントにて報告した

同センターは、8月10日、複数のロシアのマスメディアにて、寿司職人がウクライナ人女性の口を押さえたイラストとともに「話題を変えよう! 美味しい寿司について話そう!」と書かれた、同チェーン店の看板のように見える画像が掲載されたと伝えた。

センターは、本件につき、在日ウクライナ大使館とともに、寿司の美登利に「挑発的な看板についての説明を受ける」ために連絡したという。

そして、センターは、その後、寿司の美登利の公式ウェブサイトにて、同画像と同社の関係を否定する報告が掲載されたとし、「同社は、特定の国や人種に対する差別的思想や民族的敵意について一切持ち合わせておらず、同画像は同社と一切の関係がないものだと報告した」と伝えた。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

トピック

ウクルインフォルム

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2022 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-