キーウ市、「民族友好のアーチ」を「ウクライナ人の自由のアーチ」に改名

キーウ市、「民族友好のアーチ」を「ウクライナ人の自由のアーチ」に改名

ウクルインフォルム
キーウ市議会は14日、市内の建造物「民族友好のアーチ」を「ウクライナ人の自由のアーチ」に改名する決定を採択した。

クリチコ・キーウ市長がテレグラム・チャンネルで伝えた

クリチコ氏は、「今日、キーウ市議会は、民族友好のアーチの名前を脱共産化する決定を下した。今後は、ウクライナ人の自由のアーチだ」と伝えた。

また同氏は、その他のキーウ市内の様々なものの改名については、「それは波紋を呼ぶテーマだ。私たちは、キーウ市民の意見や願望を聞いたし、批判も聞いた。そのため、急いで決定を採択するのではなく、改名プロセス確定のためにウクライナ科学アカデミー研究所、国家記憶研究所、その他の機関の専門家を参加させる」と伝えた。

なお、ウクライナでは、2月24日からロシアによる全面的侵略が続いている。これを受け、ウクライナ各地でロシアやソ連に関連する地名を変えるべきだとの意見が強まっている。

5月10日には、キーウ地下鉄が、市内5つのロシア・ソ連に関連する駅名の改名案に関する市民投票の結果を発表した。キーウ地下鉄によれば、レフ・トルストイ広場駅はヴァシリ・ストゥス駅へ、民族友好駅は植物園駅へ、ドニプロの英雄駅はウクライナの英雄駅へ、ミンスク駅はワルシャワ駅へ、ベレステイシカ駅はブチャ駅へ改名への支持が最も多かったという。

写真:平野高志/ウクルインフォルム


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2022 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-