キーウ市内のウクライナ・ロシア友好の像解体が完了

キーウ市内のウクライナ・ロシア友好の像解体が完了

写真
ウクルインフォルム
26日、キーウ(キエフ)てソ連時代に設置された「民族友好のアーチ」の下に1982年に設置された「ウクライナのロシアとの再統合記念」像の解体が終了した。

クリチコ・キーウ市長がテレグラム・チャンネルにて報告した

クリチコ氏は、「ソ連時代の二人の労働者(ウクライナとロシアの再統合の象徴)の彫刻が、夕方には撤去された。象徴的になってしまったのは、銅像を持ち上げようとしたら、ロシアの労働者の頭が落ちたことだ。その後、土台部分を切ろうとしたら、これもなかなか大変だった」と書き込んだ。

写真:ヘンナジー・ミンチェンコ/ウクルインフォルム

同氏は、しかし、最終的には全て撤去できたとし、「私たちは、敵、ロシアの占領者を倒して、私たちの大地から追い出さなければならない」と書き込んだ。

なお、これに先立ち、クリチコ氏は、撤去された像の近くに設置されているアーチは「ウクライナ人の自由のアーチ」へ改名されることが提案されていると伝えていた


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2022 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-