「ワクチン未接種者にとっての都市封鎖は避けられない」=キーウ市行政府

「ワクチン未接種者にとっての都市封鎖は避けられない」=キーウ市行政府

ウクルインフォルム
キーウ(キエフ)市行政府のハンナ・スタロステンコ副長官は、同市では新型コロナウイルス感染件数だけでなく、同感染による入院者数の数も急激に増えていると指摘し、同市の都市封鎖(ロックダウン)はまず避けられないと発言した。

22日、同副長官が地方テレビ出演時に発言した。キーウ市議会広報室が伝えた

スタロステンコ氏は、「都市封鎖は避けられない。人々には選択肢がある。あなたが緑のコロナ証明書(編集注:ワクチン接種完全終了の証明書)を有していないことにより、孤立し、家から外に出ないか、あるいは、ワクチン接種をし、活動も移動も自由にでき、仕事もできるようになるかだ。実質的に、それはワクチン未接種者にとっての都市封鎖となる」と説明した。

同氏はまた、保健省がコロナワクチン接種が義務となる職業のリストを定めたことを喚起し、「その中には、教育関係者と中央・地方行政機関職員が含まれる。私は、そのリストが拡大されていくと確信している」と発言した。

同時に同氏は、キーウ市にはワクチン接種の機会が十分にあるとし、「ワクチン選択肢も十分にあるし、多くのワクチンセンターや接種会場が開かれている。具体的には、首都の医療機関117か所、53の移動(接種)部隊、商業・娯楽施設20か所以上。そして、行政サービス提供センターもワクチン接種キャンペーンに加わっている。あなた方がすべきことは、(接種地点を)訪問し、接種することだけだ」と発言した。

加えて同氏は、キーウ市では、ワクチン接種を2回行った人の数は100万257人であり、医療施設における病床使用率は現在53.2%だと伝えた。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2021 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-