露占領当局、拘束したクリミア・タタール人7名に罰金刑

露占領当局、拘束したクリミア・タタール人7名に罰金刑

写真
ウクルインフォルム
被占領下クリミア・シンフェローポリ市にて、ロシア占領政権当局は、11日に拘束したクリミア・タタール系住民7名に罰金刑を言い渡した。

市民記者ネットワーク「クリミアの連帯」が伝えた

報告によれば、占領政権裁判所は、「クリミアの連帯」のコーディネーターを務めるジリヴェル・メメトフ氏に対し、「大規模行事」組織により2万ルーブルの罰金刑を決定したという。

同時に、メメトフ氏は、裁判所に対して9つの要求をしたが、その内1つしか認められなかったと指摘した。要求したのは、検察の裁判への参加、通訳の要求、弁護士の裁判プロセス参加、音声・動画による裁判の記録、裁判プロセスの記録作成、報道機関のアクセス、証言者の参加であり、受け入れられたのは通訳に関するものだけだったとのこと。

その他、レシャト・パララモフ、レシャト・エミルセイノフ、ルステム・エミルセイノフ、ハフル、ミンハファロフ、エンヴェル・ムスタファイェフ、サディク・ウリンバイェフ、ルステム・シフバジンに対し、同様に「大規模行事」組織により、それぞれ5000〜2万ルーブルの罰金刑が言い渡されたと書かれている。

これに先立ち、11日、一時的被占領下ウクライナ領クリミア・シンフェローポリにて、いわゆる「イスラム解放党」裁判の「被告」となっている人物を応援するために集まった約100名のクリミア・タタール人の内15名が露占領政権当局により拘束、またその後、さらに5名が拘束されていた


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2021 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-