ユダヤ教巡礼者、ウクライナ・ベラルーシ国境から退去

ユダヤ教巡礼者、ウクライナ・ベラルーシ国境から退去

写真
ウクルインフォルム
ウクライナ・ベラルーシ間国境「ノヴィー・ヤリロヴィチ」の緩衝地点にて、ウクライナへの入国を求めて数日間にわたり滞在していたユダヤ教巡礼者が、18日にベラルーシ国境検問地点へと戻っていった。

ウクライナ国境警備庁広報室が伝えた

発表には、「私たちは、(18日)朝から同方面の外国人の減少を確認している。同日中、ウクライナ国境近くの彼らの数は急激に減少した。彼らのベラルーシ領への段階的な帰還も観察されている」と書かれている。

なお、ウクライナ・ベラルーシ間国境検問地点間緩衝地帯には、9月14日から、1000名以上のユダヤ教超正統派(ハシディズム)巡礼者が到着していた。彼らは、ウーマニ市でのユダヤ教新年のお祝いをするためにウクライナへの入国を求めていたが、他方で、ウクライナ政府は現在、新型コロナウイルス感染(COVID-19)対策にて外国籍者の入国制限を施行している。

今年のユダヤ教の新年ロシュ・ハシャナは9月18〜20日に該当していた。ラビ・ナフマンの墓のあるチェルカーシ州ウーマニ市には、例年この時期ユダヤ教超正統派(ハシディズム)の巡礼者が訪れている。

写真:国境警備庁


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2020 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-