チョルノービリ立入制限区域にて光で国旗を映すインスタレーション開催

チョルノービリ立入制限区域にて光で国旗を映すインスタレーション開催

写真
ウクルインフォルム
23日、「国旗の日」に合わせて、チョルノービリ(チェルノブイリ)原子力発電所第4原子炉を覆うシェルターにて、光で描かれたウクライナやシェルター建造ドナー国の国旗が投影された。

ウクルインフォルムの記者が伝えた。

シェルターに投影されたのは、ウクライナ国旗の他、日本を含む40のドナー国やシェルター基金への貢献国。

写真:ARTEFACT.LIVE

このプロジェクト「ARTEFACT」のキュレーターであるスヴィトラーナ・コルシュノヴァさんは、「今回のイベントは、制限地域にてこれまでに行われたものを喚起することを目的にしています。私たちは、どれだけの国がシェルターの建設に関わったのかを喚起したかったのです」と伝えた。

今回のプロジェクトの難しさについて、コルシュノヴァさんは、「ここはとても独特なロケーションなのです。私たちが立ち入れない場所がありますし、消してはいけない照明もあります。照明は、プロジェクターの主な敵ですから」と説明した。

なお、ウクライナでは、毎年8月23日に国旗の日が祝われている。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2020 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-