ウクライナの人為的大飢饉を取材した外国人記者についての映画「真実の値段」 予告編公開

ウクライナの人為的大飢饉を取材した外国人記者についての映画「真実の値段」 予告編公開

ウクルインフォルム
1933年、ウクライナで生じていたホロドモール(人為的大規模飢饉)の真実を取材しようとソ連に向かったウェールズの記者、ガレス・ジョーンズ。彼を巡る物語の映画「真実の値段」の予告編が公開された。

ウクライナ国家映画庁が発表した。同庁は、ユーチューブ・チャンネルに予告編を公開している。

同庁は、ウクライナでの映画公開は11月28日となると伝えている。

同映画のコンサルタントを行っているのは、米国イェール大学の歴史研究者のティモシー・スナイダー氏。スナイダー氏は、自身の著書「ブラッドランド――ヒトラーとスターリン 大虐殺の真実」(2010)(編集注:邦訳は、2015年に筑摩書房から出版)にて、ソ連とナチス・ドイツの両政権が、ウクライナ、ポーランド、ベラルーシ、バルト諸国、ロシア西側諸州にて、約1400万人の住民を殺害したとの研究結果を発表している。

今回の映画は、ウクライナ、ポーランド、スコットランドで撮影。ウクライナではハルキウ市で撮影が行われた。

なお、「真実の値段」は、ポーランドの第44回アート映画フェスティバルにて金獅子賞を獲得している。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2020 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-