活動家たち、国連加盟国に対して、クリミア・タタール人追放をジェノサイドと認定するよう呼びかけ

活動家たち、国連加盟国に対して、クリミア・タタール人追放をジェノサイドと認定するよう呼びかけ

ウクルインフォルム
18日、キーウ市内で開催されたクリミア・タタール人追放犠牲者追悼集会の際、参加者たちは、国際機関や国連加盟国に対して、1944年のソ連政権によるクリミア・タタール人のクリミアからの追放を、ジェノサイドと認定するよう呼びかける決議を採択した。

ウクルインフォルムの記者が伝えた。

集会の決議には、「ラトビア議会を例とし(編集注:同国議会は、クリミア・タタール人追放をジェノサイドと認定している)、国連加盟国議会に対して、1944年のクリミア・タタール人追放を同民族へのジェノサイドと認定するよう呼びかける。国連、欧州連合(EU)、欧州評議会、欧州安全保障協力機構(OSCE)をはじめとする国際機関、そしてすべての世界のリーダー、著名な市民活動家に対して、ロシアに国際法の規範を遵守させ、クリミアを含むウクライナの被占領地を解放させるよう、努力を行うことを呼びかける」と書かれている。

同決議にはまた、深刻な国際人道法違反となっているウクライナ軍事侵略・クリミア占領につき、これらに責任を負うロシアの高官に対する裁判を開くべく、国際法廷の設置が不可欠であると強調されている。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2019 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-