ローマ法王、クリスマスにウクライナの平和を祈願

ローマ法王、クリスマスにウクライナの平和を祈願

ウクルインフォルム
フランシスコ法王は、ウクライナの正教会コミュニティ間の友好関係のために祈ると述べた。

ローマ法王、クリスマスのメッセージ「ウルビ・エト・オルビ」(ラテン語で「都市と世界へ」)の中で言及した。

フランシスコ法王は、「私は、同地域のキリスト教共同体に寄り添い、彼らが兄弟愛と友情の関係を育むことができるよう祈ります。」と述べた。

そして、ローマ法王は、「お生まれになった主が、平和を長く待ち望む、愛するウクライナに慰めをもたらしてくださいますように。すべての国の権利を尊重する平和によってのみ、国は受けた苦しみから立ち直り、自国民に尊厳ある生活条件を再び取り戻させることができます」と延べ、ウクライナへの平和を祈願した。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2019 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-